お問い合わせはこちら

不動産の売却方法の「買取」と「仲介」の違いとは

不動産の売却方法の「買取」と「仲介」の違いとは

2019/09/24

大阪府や門真市で不動産を相続したいと考えている方にお伝えしたいのが、不動産の売却方法である「買取」についてです。

 

今回は、一般的な売却方法である「仲介」との違いやメリットについて詳しく解説します。

 

不動産を売却する方法である買取とは?

 

不動産の売却方法の「買取」と「仲介」の違いとは


不動産における買取とは、相続などで売りたいと思っている物件を、不動産業者が買い上げてから、購入希望者へ売ることを指します。

 

物件の売却を依頼する業者が直接売買するのではなく、新たに買取業者を紹介してもらい取引する場合もあります。

 

買取業者を紹介してもらう場合には、そのための手数料がかかるため注意が必要です。

 

業者が一度買い上げた不動産は、そのまま購入希望者へ売る場合とリフォームをしてから販売するパターンがあります。

 

不動産売却の方法にある買取と仲介の違い

 

買取の意味がわかったところで、ここからは一般的な売却方法との違いについて理解していきましょう。

 

一般的な売却方法とは、仲介業者に依頼し、購入希望者を募る方法です。

 

これを「仲介」と呼びます。

 

仲介を選ぶと、相続して売りたいと思っている物件の売却希望額を決めて、購入希望者を募ります。

 

この売却希望額を決めて探す点がポイントで、業者は広告や独自の販売網を通して売却のためのPRを行うのです。

 

もちろん、相続して売ることを周りに知られたくないなど、事情がある場合には情報を限定して公開することもできます。

 

しかし、仲介では必ずしもすぐに物件の購入希望者が現れるとは限りません。

 

希望額で売れない場合には、値下げをしたり条件を見直したりと手間がかかります。

 

多少時間と手間がかかっても希望額に近い形で売りたい方は仲介を選ぶのがよいですが、すぐに売却したいという方は買取のほうがスムーズに売却が可能です。

 

ちなみに、業者によっては仲介により売れなかった場合、契約時に決めた金額で不動産を買い取る「買取保証」のサービスを打ち出しているところもあります。

 

しかし、不人気エリアの物件や築年数が古すぎる物件などは、買取保証を使えないこともあるため、買取保証のサービスを検討する際には、利用条件や契約内容をきちんと確認しておくことが重要です。

 

不動産を買取で売却する際のメリットとは?

 

相続した物件を買取で売る場合のメリットには、すぐに売却できる点が挙げられます。

 

仲介よりも価格は下がりますが、業者がすぐに買い取ってくれれば、その後新たな住まいを購入する際などの計画がスムーズになるでしょう。

 

また、買取は業者との直接的な取引となるため仲介手数料がかかりません。

 

不動産の価格によっては、100万円以上かかる仲介手数料がかからないのはうれしいですね。

 

さらには、広告を出さずに売れるため、事情がある方にとっては売りに出していることが周りに知られない点もメリットといえそうです。

 

まとめ

 

不動産の買取は、業者に直接買い取ってもらう方法ですぐに売却できるのがメリットです。

 

一方で、仲介での売却に比べると、売却金額が低くなる可能性が高いため、相続した物件を売る際には、仲介との違いを理解し慎重に売却方法を選びましょう。


私たちLINES不動産販売では、不動産売買を取り扱っております。

 

不動産に関するご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。