地元に特化した不動産サービスを展開する中大阪の様々な不動産売却に臨機応変に対応

お問い合わせはこちら

大阪の不動産売却・株式会社LINES不動産の評判

これまで多くの不動産売却案件を大阪で担当

大阪の不動産売却・株式会社LINES不動産の評判

地元密着の不動産会社として、大阪のお客様の状況・ご希望に合わせて適切な不動産売却プランをご案内いたします。不動産売却に関する留意事項について適切にアドバイスし、大阪の物件事情をサポートいたします。
また住宅の住み換えのご用命に対して、不動産の専門家のスキルを駆使して丁寧に対応し、お客様のご意向によって「売り先行」と「買い先行」のどちらのパターンが良いかを判断して、お客様にとって最も有利な方向性を模索してまいります。


物件を売却する際の留意事項について適切にアドバイス

不動産の売却を決断した際は、できるだけ高い価値の不動産として販売するためにも、早めに行動するべきです。建築物は年月の経過と共に資産価値が下がりますので、可能な限り劣化が進む前に不動産売却に着手することで、より有利な取引を行えます。
売却を決断した不動産は購入希望者の内覧に備えて、建物内をできるだけきれいに掃除しておくべきです。見た目の印象が物件の評価にも大きく影響するので、購入希望者にきれいな状態で内覧してもらい、好印象を持ってもらうことでより有利な売却を図れます。また駅近といった誰もが喜ぶ好条件については、しっかり表示して不動産の魅力をアピールするのが鉄則です。こうした物件を売却する際の留意事項に関しては、不動産の専門家として様々な情報をご用意しておりますので、スタッフまでご相談いただければ、大阪のベテランの不動産会社として心を込めてサポートしてまいります。

お客様の状況・ご希望に合わせて適切な売却プランをご案内

現在住宅ローンがまだ残っていても、自分の所持する一戸建てや土地を売却することは可能です。こうした条件で不動産の売却を行った場合、売却で得た収入を住宅ローンの残債の返済にあてられます。
一戸建てや土地などの不動産の売却で得た収入を住宅ローンの残債にあててもまだ完済できない場合は、差額を自己資金で支払って住宅ローンを完済することになりますが、その際に自己資金が不足している場合は、借り換えローンをご利用いただくことで、ローンが残っていても住み換えを行えます。また、住宅ローンが残っている一戸建て・土地を売却したい場合は、任意売却という方法があります。大阪で不動産売却をご検討されている方は、スタッフまでご連絡いただければ、こうした様々な対応策についてご説明し、不動産のプロの見識を踏まえてお客様の状況に合わせて適切な売却案をご案内いたします。

専門家のスキルを駆使して住宅の住み換えをサポート

住宅の住み換えの方法は「売り先行」と「買い先行」がありますが、「売り先行」は売却金額を購入資金にそのままあてることができるので、余裕を持って不動産売却ができますが、売却後に新居がすぐに決まらない場合は苦労するというリスクがあり、売却のタイミングと購入のタイミングが都合よく合うことが重要になります。「買い先行」は先に新居を購入するので住む家がないという状況が発生することはありませんが、元の住宅の売却が遅れるとローンが二重になるリスクがあるため、売却のタイミングが大事になります。
「売り先行」「買い先行」はともに売却・購入のタイミング調整が要になりますが、個人で管理するのは大変な作業です。住宅の住み換えの際は、お電話でスタッフまでご相談いただければ、大阪で多数の不動産物件を担当してきた専門家のスキルを駆使して、売却と購入のタイミングを調整してまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。