お問い合わせはこちら

不動産を売る理由とは?気を付けたいポイントをご紹介!

不動産を売る理由とは?気を付けたいポイントをご紹介!

2019/04/30

折角買った家や相続した不動産などを、やむを得ず売る必要が出てきたとき、気になることがいくつかあります。

 

「ほかの人は、どうやって売ったのだろう?」とか、「私の家は買ってもらえないかもしれない!」など、不安は尽きません。

 

では、不動産が売られる一般的な理由とは何なのでしょうか?

 

売りやすくなるためのポイントもあわせてご紹介いたします。


不動産を売る

 

不動産を売る理由① 将来のために


・ ほかの住居への住み替え

 

より良い場所へ移りたい、より広い家が欲しいなど、売主の目的のために必要な資金のために売却するケースです。

 

・ 家族が増えた、または減った

 

子どもが増えたり、大きく成長したり、独立して家を出て行った際に、現状に応じた転居をすべく、売却されることもあります。

 

・ 相続した不動産を現金化したい

 

相続した不動産は、持っているだけで固定資産税が掛かります。

 

不要な不動産の管理を避けるため、または親から子への相続に備えて現金化される売却は、ここ数年で増加しているケースです。

 

不動産を売る理由② その他


・ 離婚した

 

夫婦間で財産を分けるために不動産を売ることも、非常に多いです。

 

・ 住宅ローンを返済できなくなった

 

家主の支払い能力がないと見なされ、貸している金融機関から抵当権が実行、強制的に競売にかけられる場合もあります。

 

・ 過去に事件が起こった

 

火事が起こったことがある、傷害事件などがあったなど、不動産の価値が下がることを懸念して、早めに売る人もいるのです。

 

・ 物件内に損傷しているところがある

 

水漏れや雨漏りなどがある物件を、修理せずに早急に売りたい人もいます。

 

・ 近所や周辺に問題のある人が居る

 

騒音トラブルや文句を言ってくる住民が近くにいた場合、生活に支障が出ると判断し、転居のために売る例も少なくはありません。

 

不動産を売る際に行うことは?


買手が知りたいのは、「なぜ売られるのか?」ということです。

 

それが分からなければ、「買おう」という気すら起こりません。

 

一般的に買う気になれないと思われる事情でも、包み隠さず公表する方が、買手からの印象は良くなります。

 

過去に火事で焼けた場所がある物件でも、焼けた場所や現状によっては「それでも買う!」という買主が現れる可能性はあるでしょう。

 

売る事情が何であれ、しっかりと公表することが、買ってもらうための近道なのです。

 

まとめ


不動産を売る事情は人によって異なります。

 

何も言わずに売りたい人が居るのは事実ですし、理解もできます。

 

しかし、買手のためを思うのなら、「どんな理由でも公表する」ことが一番大切です。

 

あとは、あなたが信頼する不動産会社へ相談し、売却への準備をじっくりと進めて行きましょう。

 

私たちLINES不動産販売では、不動産の査定を無料で行っております。

 

不動産に関するご相談だけでも承っておりますので、不動産の売却をご検討されている方はぜひ、当社までお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。